岩見沢あかり家akariya today’s work No.39

前回today’s work No.38『ぽろみな』様に続きまして
ホームページ紹介をしていきます。

今回は岩見沢市内にも店舗のある『ぎょうざの宝永』様です。

発祥は北海道東部に位置する帯広市のお隣にある音更(おとふけ)町の食堂から始まり店主さんが作るラーメンと餃子を、たくさんの人に食べてほしいという思いから
餃子をサービスで提供したところ口コミで広がって、お持ち帰り専門店『ぎょうざの宝永』様が誕生したそうです。
今では北海道内の食料品店やスーパーマーケットなどでも販売中です。

一般的な餃子の他、手羽先に餡を詰めた『宝永手羽餃子』やチーズが入った『宝永チーズ餃子』なども取り扱っています。

ブログ更新が夕方で、ちょうど晩ご飯の時間帯。それに加えて私、餃子が大好物なのでサイトを見ていると急激にお腹が空いてきました。

岩見沢あかり家akariya today’s work No.38

あかり家が制作に関わったホームページ
『共同作業所ぽろみな』様を紹介していきます。

製品紹介では、札幌黄という品種の玉ねぎや藍染めなどを使って
制作したバンダナや手ぬぐいなどを制作・販売しています。
この他特徴として、15時以降の施設は自由に過ごせる時間として
利用してもらっているようです。

イベント情報や毎日の様子などを紹介しているFacebookもトップページにリンクされています。

※施設名はアイヌ語で『たくさん笑う』という意味だそうです。

岩見沢あかり家の社窓からNo.69

岩見沢の夏の一大音楽イベント“JOIN ALIVE”の垂れ幕制作の依頼を受けまして
本日、岩見沢JR駅の構内に掲げてきました。
大きさは 横幅914mmの縦5800mmです。


今回の“JOIN ALIVE”は今週末の7月13日(土)と14日(日)の2日間!
開催10周年目を迎えるとの事で(※)ヘッドライナーに『サカナクション』と『[ALEXANDROS]』など有名なアーティストが多数参加するようです。
しかも大物司会者さんが進行を務めるらしいです!

詳細は“JOIN ALIVE”公式ホームページをご覧ください。

『ヘッドライナー』とは?
音楽フェスで主役を務めるアーティストのことです。

岩見沢あかり家の社窓からNo.67

久しぶりに外の話題を書いていこうとしていたら周りの利用者から『銅像が・・・!』との声が。

ちょっと気になった私、どうやら駅前の銅像に何か起こった様です。
そういえば、昨日の通勤時、駅前に規制線が張られているのを見て『何かあったのかな?』と思っていたのですが、まさか事故があったとは。
『これは記事が書けそう!』と職員が撮影していた写真を見たら、こうなっていました。
駅前の銅像『友だち』に悲劇が。

いつもと明らかに違う銅像。
2体あるはずの女性像ですが、1体は足首だけで消えています。

ニュースサイトでは『乗用車が銅像に衝突し破壊。周囲を確認した後、走り去っていった』『運転手からはアルコールが検出された』と書かれていました。
メイン道路から銅像までは50mぐらいとかなり距離があるのですが、まさか突っ込むなんて思いません・・・飲酒運転恐るべしです。

元は『女性の像が背中合わせで立っている』形だったのですが
今は佇む、もう一人がどことなく悲しそう・・・。
『誰がやったの!?』という叫びが聞こえてきそうな感じです

ちなみに現状はこうなっています。

早く友だちが戻ってくるといいですね。

岩見沢あかり家 akariya today’s work No.37

today’s work 久しぶりの更新となる今日は
あかり家が制作に関わった『天狗まんじゅう』様のホームページを紹介していきます。

サイト内容は『販売メニューの紹介』。
市内の飲食店を網羅した『岩見沢グルメマップ』『店舗案内』となっています。

店舗の情報以外にも観光関連の情報として岩見沢市観光協会様や氷室冴子青春文学賞のFacebookやTwitterがリンクされています。
氷室さん作品の『恋する女たち』という小説に天狗まんじゅう様が登場することにちなんで『氷室』の文字が刻印された
『氷室まんじゅう』という商品も販売されています。

岩見沢あかり家の社窓からNo.66

あかり家に事務局がある氷室冴子青春文学賞関連の記事がプレス空知さんに掲載されました。

事務局員を担当する あかり家のスタッフ横山円香さんと事務局で販売している作品集。

記事の内容は、はまなすインフォメーション様が主催で開催した短編小説講座で書かれた作品をまとめた冊子の紹介となっています。

岩見沢あかり家の社窓からNo.65

あかり家の業務を紹介している『akariya today’s work 』のコーナー。

最近業務に関しての情報を更新してないなと思い過去記事を見返したところ、2月で更新ストップしていた事に気付いた私。
あかり家の行事だったりI-cocoグッズ関連だったりとか話題はあるけども、このコーナーが一番大事なんじゃないかと考えました。
本音を言うと今まで『業務内容の解説とか、どこまで書いて良いの・・・?』という状況でした。

難しく考えずに書けばいいんだけれども、それがなかなか・・・。

一番大事なのは何か?
やっぱり『業務』・・・ということで近々オリジナルTシャツについての話題で『akariya today’s work 』を更新します!

岩見沢あかり June7 編集デザインスクール第五回 開催!

今回は『名刺修正の練習』という内容で進行しました。

内容は実際に名刺のデータを使って、文字サイズを見やすい大きさに整えたりなどです。
修正の練習に関しては、まだ始めたばかりということもあって『データの保存』も形式に種類がたくさんあって
手間取る人が多かったように感じました。
(私もそのうちの1人でしたけど。)

来週以降、業務として入ってくる前準備として今回の講習がありました。

岩見沢あかり May24 編集デザインスクール第四回 開催!

今回は『レイアウト(配置)のコツを学ぼう』という内容でした。

新聞記事や名刺を例に『レイアウトの考え方』『2つの大切なこと』などについて教えていただきました。

『考え方』では実際に名刺を想定して枠線を書き『伝える情報を考える』『情報を入れる枠を分ける』『分けた枠の中に情報を入れていく』。
『2つの大切なこと』では『レイアウトするときには隙間と文字サイズのバランスが大切になる』と教わりました。

名刺を想定して四角く枠線を描きます
情報を入れる位置を分かりやすくするためマス目を描く

受講した人の名刺の下描きはこんな感じ・・・
見づらいと思いますが、画像右上に必要な情報が記載されています。

枠線で区切られている中に伝える情報が書き込まれています

講習の中で先生は『レイアウトの隙間は心の隙間
多すぎてもダメだし、少なすぎてもダメ。
ちょうどよく、余裕を持てるくらいがいい』と語っていました。

それを聞いて『あぁ、確かにそうだなぁ・・・』と感じました。
焦り過ぎると、私はよくパニックになり、見落としや報告漏れなど凡ミスが多くなってしまいます。

『適度な余裕』って大事ですね。

岩見沢あかり May24 編集デザインスクール第三回 開催!

今回は『illustrator』の機能のひとつである『パス』について学ぼう!という内容でした。

一通り説明を受けた後、実際にいくつかパスを使って図形を描いてみることに・・・。


パスを使って図形を描くと画像のような曲線なども描けたりします。
物の輪郭をなぞって抜くということもできます。
(※『抜く』とは
画像の白い背景は不要なので赤い部分だけを切り抜くということ)

慣れていれば簡単なのですが、これがなかなか・・・画像に合わせてパスの線の長さなどの調節をしなければいけないので
そこが難しいところです。

受講した皆さんも、そこで悪戦苦闘していたらしく『ここはこうじゃないな・・・』『もうちょっと調節しないと綺麗にできない』など
声が漏れていました。

ちなみに・・・illustratorの機能『パス』とは?
漫画で例えるなら下描きにペン入れをする工程に近いかと思います。