初めてのテレワーク(在宅就労) ~終了編~

5月からスタートした在宅就労が7月いっぱいをもって終了しました。今回私が在宅就労を行ったのは新コロナ対策予防のためではなく、実家を離れ別の場所で生活ができるか検証するためでした。今日は3か月間在宅就労および家事などをやってみてどうだったかお話します。

まず一番最初に出てくる感想は、やっぱり腰が痛い。車いすに乗っている時も痛かったですが、体に合っていない椅子に長時間座るというのはやはり辛いですね。ですが休憩や休みを取りやすいというのは在宅就労の特権。腰以外にも月に一回は体調を崩してしまう日があるので、なおさら有難かったです。それと自分では気づかなかったのですが、動かないせいで腕の筋肉が若干落ちたっぽいです。「腕細くなったね」と言われた時に、やはり筋トレしないといけないなと改めて思いました。三日坊主になりがちですが。
この3ヶ月間は「家事もできるようになる」という目標もあったため、利用時間も短くして作業を行いました。時間が短い分、効率よく行わないといけないのですが、結構オーバーしてしまい、設定時間より一時間延ばさないと最低限の作業が出来ないことが今回分かりました。

家事については結構「家事力」上がったと思います!まず料理。お恥ずかしい話、最初はお米をちゃんと炊くことが出来ませんでした。手作り料理は週に2、3回しか作らなかったのですが、お米だけは毎日炊くので今はばっちりです。料理のレパートリーも増えました。作り方を見ないとできないものも多いですが、出来そうなレシピはスマホで残すようにしています。
掃除はハンディータイプを使ったり、たまに普通の掃除機で頑張ってやったり。洗濯については、途中から乾燥機が設置され物凄く重宝していました。一番面倒くさい家事は食器洗いですかね。手羽元の煮付けを作った日の食器は、ラスボスと戦っているぐらい油が落ちにくくて大変でした。

仕事と家事の両立がどれほど大変なものか、実際に経験してみて大変さを知ることが出来ました。一人暮らしの人にはこれが日常と思うと改めてすごいなと思ってしまいます。それと親の有難みに再度気づきました。親は本当にすごいです。こゆきガール

一度失敗したが再チャレンジした豆腐ハンバーグ

「美と若さの新常識」はもはや常識!「みんなの家庭の医学」で「家族の健康」

職員Tさん第2弾の次は、同じく職員Mの第2弾!!

寿命が尽きるまで、おいしくお酒を味わいたい。
これは私のライフワークと言っても過言ではありません。
酒は命の水。私の座右の銘にします。

おいしく飲み続けるためには体が資本!健康でなくてはおいしく楽しく飲めないのです。おうち時間が長くなってからというもの、昼呑みがすっかり定着してしまいました。ただ、おいしいからと言ってダラダラと飲んでいるわけではないのです。ちゃんと体のことを考えていますよ。お酒は飲みすぎると体に良くないですが、栄養や健康効果もあるということがわかっています。

有名なのは赤ワインのポリフェノール。抗酸化作用で錆びない体になりますね。それに比べて白ワインは影が薄いですね。でも、うれしいことに腸内フローラを整える効果があると言われているんです。どの白ワインでも良いというわけではないのですが、ドイツを代表するワイン用ブドウ品種でリースリングという品種はしっかりとした酸味があります。この酸っぱさが有機酸であり、腸内の悪玉菌を減らす効果があるんですって。殺菌効果や大腸がんの予防も期待できるそうです。腸活。コロナ自粛にぴったり。

そんな素敵な白ワインに、わたしのおすすめのおつまみをご紹介します。ポリフェノールと食物繊維たっぷりのドライイチジクに、たんぱく質とカルシウムが豊富なチーズと、オメガ3が含まれるクルミを挟みます。味はもちろんおいしいし、「しっとり」と「カリッ」とした食感が楽しい一品ですよ。

せっかく飲むなら、おいしくて体に良い組み合わせで、いかがですか?※個人の感想です。M
————————————————————————————————
今週は職員Mさんにも第2弾を書いてもらいました。話を聞いているだけでもおしゃれだなと思うのに、写真を見るとより食欲がそそりますね。こゆきガールはまだワインが飲めないので、飲める方はぜひ作ってみてはいかかでしょうか?ワインやおつまみから色々な栄養が取れて、しかもおいしくて…これはもう幸せな時間ですね!

おしゃれで美味しそうな料理の数々の中に…
ドライイチジクとチーズとくるみのおつまみ発見!

懐古主義だったのか… 今思うと

7月も残り2週間弱となりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。今月は職員さん特集でお届けしています。
今日は一週目に書いてもらったTさんの話、第二弾です。何やら衝撃的なことがあったそうです…
————————————————————————————————
ポチッと押してしまったAmazonの配信映画の購入ボタン…

観たいと思いながら劇場では観れなかった昨年公開された邦画「男はつらいよ お帰り寅さん」を観る。先立って記事ネタにした昔のドラマや出来事にノスタルジックを感じ、今や、寅さんチックに完全に先祖返り(?)してしまう羽目に!
『男はつらいよ 50年』という数字を頭では理解していたつもりだったが、現実に映像を見てしまうと…その歳月は実に衝撃であった。本格的に寅さん映画を見始めたのは中学生の頃であったが、同様に自分も50年の歳月が平行しているのだ。と、改めて想ふ。これは、とてもとても自分にとっては重要な事である!と、またまた、改めて想ふ… そして、ふと自分の手に目を向けると、そこに映る甲は遠い昔に残る記憶。親父の手と同じだったのでした…

あ~また私的で、取るに足らないアイデンティティを遡ってしまった刹那。とほほの、儘ならぬは浮世です… T・T

「栄養と料理」で「毎日が発見」、「からだにいいこと」だらけの「おとなの健康」

職員Tさんの次は、同じくおうち時間がたっぷりの職員Mです。
Tさんは映画を堪能しているようですが、私はオンライン書店で健康・家庭医学の雑誌に目が行きます。そして行き着いた先は、腸活と免疫力。そのために適度な運動するとか体を温めるとか…でも毎日飽きずに続けられることと言えば、晩酌…言い方がちがいますね、食事です。人間は食べたものでできているのです。

寿命が尽きるまでおいしくお酒を飲めるようにと、4年ほど前から自家製の米麴の甘酒を毎朝飲み、夜は納豆を食べています。どちらもビタミンB群が豊富で糖や脂肪の代謝を促し、食物繊維が腸の動きを助けます。
腸と言えば腸内細菌。その中でも善玉菌を増やすために「乳酸菌」が良いと聞き、長いおうち時間にさっそく取り入れました。絶対に自分で作ることはないと思っていた「ぬか漬け」に手を出してしまったのです。意外に美味しくできたけど、漬物だからしょっぱい。血圧高めの家族がいるので塩分控えめにしていたら、あっという間にカビも一緒に育ちました。ぬか床は生きてますね。スーパーの漬物は流通の事情で発酵が止められているので、少しの間でも生きている乳酸菌を摂取できたことは感動でした!ただ、体質や生活習慣に合わないものは続かない。そんなときはすぐ切り替えましょう。

そこで次はヨーグルト。甘酒メーカーで作ります。ドライフルーツやナッツなどを入れて、乳酸菌のほかに「ポリフェノール」や「オメガ3」など、いかにも健康に良いとおもわれる栄養素を取り入れます。これは手軽でおいしい。
そして、免疫力にとどまらず、病気の予防が気になるお年頃なので、「クロロゲン酸」で成人病を防ぎ「ニコチン酸」で美肌効果があるコーヒーを飲み、「カカオポリフェノール」と「カカオプロテイン」を含むチョコレートを食べて、血液サラサラや記憶力アップを期待しています。

どれが効いててどれが効いてないのか、区別がつかないからどれもやめられない。だけど続けていると何となく安心。それが健康に良い食品の落とし穴。こんなに健康に良い食事をしてるのに、先月たった2回、庭の草取りしただけで膝が痛くなり、病院で初めてヒアルロン酸の注射を膝に打つ羽目に…。でもね、効いたんですよ、ヒアルロン酸。医療の助けを効果的に使い、体にしみる食事をして、快適な生活の質を維持していく…そんな身の丈に合ったおうち時間を満喫しています。M

ぬか漬け
甘酒とヨーグルト
————————————————————————————————
先週に引き続き、職員さんにネタを提供してもらったこゆきガールです。今週は笑顔がいつも素敵な職員Mさんに書いてもらいました。
今回、健康な体づくりに必要な栄養素の話がたくさんで物凄く勉強になりました…!ポリフェノールやオメガ3は聞いたことありますが、「クロロゲン酸」は初めて聞きました。私も腸活を意識して買い物してみたいです。

いま想うと、懐古主義ではないけれど

文章書きとして急遽、ピンチヒッター登場した職員Tでございます。はてさて、何をネタに書こうかと思案しましたが思いつかず… このコロナ禍、極力引きこもり生活に徹底していましたし…最近俄かに齢を取ったという感覚が強いせいか、言動に冷めた自分がいます。そんな中、唯一の娯楽となればネット配信で映画やドラマを観まくる。という御多分に洩れずのところで、外出をしなくても観られる点は昔と違いとても嬉しい限りです。

楽しくなければテレビじゃない! フジテレビがまだまだ元気だった30数年ほど前…そう、まだバブルが存在していた前世紀のドラマの配信にハマってます(まだ継続中)

当時の恋愛コミュニケーションツールは固定電話。ケータイなどあるはずもなく、恋愛ドラマ仕立ては今、巷でよく言われてるようにすれ違いが主流でトレンディーに。そして、ノスタルジックに「101回目のプロポーズ」を視聴しています。不器用な男の恋愛に、薫さんはいつもいつも泣いてます… 現代のニュータイプにはどう映るのでしょうか…?

ちょうどその頃の自分はテレビ番組制作会社に所属していて勤務先は主にフジテレビでした。会議室に向かうのに報道局ニュースの生放送中のど真ん中通路を通っていくのですが、スタッフたちはみんな元気です。というか、不便も便利も全部ひっくるめてあの時代の人々は皆さんパワフルで工夫しながら生活していた記憶があります。

ただただ、個人的な取り留めもないお話し。今般のご時世で、取るに足らないアイデンティティを遡ってしまった日々でした。

儘ならぬは浮世です… T

目玉マーク入りのフジテレビの粗品腕時計 電池切れで時間が止まったまま…
————————————————————————————————
こゆきガールのネタ切れを助けてくれた職員Tさんお話。記事を読んでひとこと…「Tさんフジテレビに居たんだっ!すごっ!」でした笑
ニュータイプを代表してTさんの質問に答えるなら、今の若い人にも懐古主義はあると思います。私事の話ですが、アプリのアップデート後に「前の方が使い勝手よかったのに…」と思うこともちらほら。そういった意味では、今も昔も関係なく懐古主義はいつの時代もある話だと思います。

2か月間のテレワークを終えて

2月頃から北海道でも感染が拡大した新型コロナウイルス。感染防止対策として岩見沢あかり家では5月からテレワークが始まりました。当初は5月末で終了予定でしたが、道内の感染者数が減らなかったため、6月末まで継続することになりました。6月も終盤の現在、道内の感染者数は減少していき、テレワークをしていた利用者さんは7月から通常勤務に戻ります。2か月間のテレワーク業務でのメリット&デメリットだった点などを聞いてみました。
————————————————————————————————
通常業務とは違い、問題点や疑問点にぶつかった時の画面越しのやり取りが不安でした。でも常時、ネット回線をオープンにしているので画面共有機能を使用して回答を教えあったり、思ったより仕事のしやすい環境になり不安も解消されました。
印刷など事業所でしかできない業務は事業所で、データでやり取りできるものはテレワークで、という仕事の方法です。週1回の通所で作業分のデータを事業所に収め、次の1週間分のデータを持ち帰り作業をすると言う形でした。
特に楽だと感じたのは、通勤の時間を気にしなくてよいところです。普通の通所なら朝の体調が悪かったら1日仕事できませんが、テレワークなら体調が良いときに合わせて仕事ができます。それが自分にはとても合っていると思いました。(女性Kさん)

良かった点は…
・慣れ親しんだ空間での仕事なので気持ちが若干、楽でした。
・デスク毎に分けられている職場とは変わって目の前の画面に職場の方々が映っているため逆にコミュニケーションが取りやすかったです。

気になった点は…
・出勤時間がないため起きる時間が遅くなり、若干、生活リズムが乱れました。
・仕事用の机やイスが自宅にあるわけではなく、座布団を敷いて仕事をしていたので身体への負担が大きく適度に休憩をとる必要が出ました。(男性Kさん)
————————————————————————————————
他の利用者さんからも「実際にやってみると不便なところはなかった」「朝の時間に余裕ができた」という声が多かったです。一方で、仕事用にイスや机を用意していないため、こまめに休息を取らないと体が辛いという声もありました。

こゆきガールもそうでしたが、やはり机とイスの問題は大きかったです。事前察知のできない盲点でしたね。

モフモフが少ない家

道民が1番過ごしやすい季節、そう6月になりました。個人的に一番好きな月です。肌寒い風と暑い日差しが自分の体温にはちょうど心地良いのです。ただ、ほどほどの防寒対策をしていないと風邪を引くため注意しないといけないんですけど。

6月といえば、もうひとつ、1年の半分が終了したことをお知らせする月ですね。テレワークを始めてからより1日が短いように感じます。やはり必要以外の外出を避けて太陽に当たっていないせいでしょうか。朝は日光を浴び、体を目覚めさせることが大切!天気がいい日は換気がてら少しでも日を浴びるのはいかかでしょうか。と皆さんに向けて書いておりますが、私が今住んでいる部屋は、天気が良くてもカーテンを開けることができません。理由は爬虫類などの動物を飼っているため。決まった湿度や温度で飼育しないと亡くなってしまう子がいるので、温度管理がとても大切です。

どんな動物がいるかというと…カエル3匹、ヤモリ2匹、イモリ1匹、ヘビ1匹、ハムスター2匹、ヤドカリ2匹、ハリネズミ1匹、エビ(多数)の計8種の動物がいます。この動物たちは、一緒に住んでいる人の趣味で飼っている子たちです。よく「8種類も飼っていると世話が大変そう。」と言われるそうですが、哺乳類に比べて爬虫類は毎日エサを与えなくてもいいし、匂いも少なく飼いやすい部分も多いそうです。私は子供のころから猫がいる家で育ってきたため、根っからの哺乳類モフモフ派。爬虫類や両生類などは苦手でしたが、一緒に暮らすとやはり慣れます。あと少しだけヘビも触れるようになりました。本当に少しだけ。

ヤモリやカエルなど見て「可愛いな。」と思えるようになりましたが、やはりモフモフ不足。唯一、モフモフ動物のハムスターは触られるのが苦手なようなので、私は仕方なくゲージ越しで癒されています。ハリネズミも哺乳類ですが、あまり人馴れをしていないため、触ると「フンッ!」と怒られます。でも顔は可愛いです。いつも丸まって顔が見れないので、見れた時の喜びは大きいです。現在モフモフ不足が進み、実家に帰った時は家の猫が嫌がるぐらいモフってしまうのではないかと心配しています。こゆきガール

顔が見れたらラッキーなハリネズミ
お目々が印象的なクレステッドゲッコー(ヤモリ)
唯一のモフモフハムスター

ふとした料理のギモン!

そろそろ、1ヶ月が経とうとしています。現在、こゆきガールは実家を出て別の場所で在宅就労を行っています。実家を出るということは、必然的に家事は自分でやることが多くなります。中でも大変なのは「料理」です。毎日が手作りとはいきませんが、週2~3回ぐらいは頑張って作っています。

先日、ハンバーグを作っていた時のことです。

ひき肉の油で手がべたつき、ハンドソープで1回洗いました。洗い終わった後、使った食器を移動させるため触ります。また、べたつきが気になるので手を洗います。この手を洗うという動作を4~5回繰り返し行い、ふと疑問に思ったのが「みんな手に付いた油は、どのタイミングで何回洗うのだろうか?」。
気になったら洗えばいいだけの話だろうと言われたらそれまでの話。ですが、親の姿を思い出しても頻繁に洗っている様子がないのです。母親はべたべたしている手が気持ち悪くないのだろうか…。
私のように毎回気になるからといって洗っていたら、作業がなかなか進みません。でも綺麗な食器や蛇口にベタベタの手で触ることに抵抗があります。べたつきが一度で綺麗に流れればいいのですが、なんか残っている感覚があるとまた洗い、洗う回数を増やしている原因の1つだと思っています。

前に姉から聞いた話ですが、料理教室に行ったときペアで組んだ人が少しでも手がべたつくと洗っていた。手を洗うのは悪いことではないが少し潔癖症に思える。と言っていました。「あれっ、自分もその人と同じだ」とハンバーグを作りながら、ふと思いました。
姉の話から推測すると、一般的には洗わないものなのか…私に若干の潔癖症があるから気になるだけなのか…。
よく「手に付いた油を洗うとき食器用洗剤を使うといい」と言われます。最近ではキッチン用ハンドソープなる物が出ています。やっぱりみんなべたつきが気になり、洗う回数が多いからそういう商品が出たのでは…?
そう考えて、「私は別に潔癖症ではないのでは!?」と納得しています。

皆さんは何回手を洗いますか?
私の素朴なギモンです…。こゆきガール

新しく作り直すもの

最近入手困難と言われている任天堂switchと、どうぶつの森のソフトをゲットして無人島生活を満喫しているこゆきガールです。おうち時間が増えた今、ゲームで遊ぶ方が増えたのではないでしょうか。
あかり家では月に一回、利用者さん同士の親睦を深めるため様々な行事が開かれています。中でも盛り上がっているのが「ゲーム研究会」。このゲーム研究会に動きがあり、参加している利用者さんから話を聞きました。
———————————————————————————————
2020年度から利用者親睦会の役員が変わり、新しい顔ぶれでのスタートとなりました。その中で、新会長から『利用者の中にはゲームが大好きな人たちが沢山いるので、ゲーム同好会(サークル)として新規に立ち上げてはどうか?』との提案がありました。

親睦会で開催する「ゲーム研究会」とは別にサークルとして立ち上げると、サークル内で自由に「ゲーム大会」を開催できるし、親睦会側の負担も減る、というのが目的でした。

メンバーを募ったところ、大体の人が参加に同意してくれてサークル内での役員も決まり『ゲーム同好会』が出来上がったのでした。
同好会の内容は、Wiiなどの家庭用ゲームからカードゲーム。ボードゲームまで幅広く開催予定です。現在は新型コロナウイルスの影響でゲーム同好会の開催はできておりませんがみんなが楽しんで参加してもらえるように活動していただきたいと思っております。Y・K

初めてのテレワーク(在宅就労) ~意気込み編~

新型コロナウイルスの影響で世間ではテレワークが多くなりましたが、あかり家も新コロナ対策として、ついにテレワークでの利用が始まりました。他の利用者さんは突然の在宅就労に戸惑っている方も多いのですが、こゆきガールは去年の春頃から準備して動いていましたので、逆に他の方の利用が不思議な感覚でした。
今年の2月頃から色々な打ち合わせと確認、引継ぎに追われて、頭がてんやわんや状態になりました。一番苦手だったのは引継ぎ。資料を作るにもスクリーンショットを作業ごとに撮るのが大変でした。在宅就労を始める前に不安だったのは、体調管理です。つい頑張りすぎて体調を崩すことが多いので、自分の体と相談しながら作業を効率よく進められるように頑張っていきたいなと思います。

余談ですが
在宅就労を始めてとても大切な、その存在に気づきました。それは「椅子」です。もちろん通信環境や機材がちゃんと整っていないと話にならないのですが、長時間自宅で仕事をするうえで椅子の存在はかなり大きいです。こゆきガールは車いすを使ってあかり家では作業していましたが、在宅では普通のクルクル回る椅子を使っています。今、この椅子と体の相性が合わなくて、色々なアイテムも追加しながら騙しながら座っています。今後、在宅で仕事をされる方は椅子の存在にもお忘れなきよう。こゆきガール

普通の椅子に色々なアイテムを装備させています
後ろはこんな感じ